仙台市議会議員(青葉区)「みんな幸せになろう」ひぐちのりこ
仙台市は「地域防災計画(修正案)に対する市民意見」を募集しています。

仙台市地域防災計画については、東日本大震災での課題等を踏まえ、平成24年度に地震・津波災害対策編、平成25年度に風水害等災害対策編の見直し及び原子力災害対策編の策定を行い、平成26年度は、土砂災害に係る避難勧告等の発令に関する事項などの見直しを行っています。

平成28年度は、関東・東北豪雨の課題を踏まえ、大雨時の避難所開設に関する事項や、河川氾濫等に係る避難勧告等の発令等に関する事項を見直し、平成29年度は、避難準備情報等の名称変更、平成28年8月から9月の台風等対応を踏まえた避難勧告等発令・避難所開設基準の見直し、津波警報等発表時には避難指示を発令すること、原子力災害時における他市からの避難者受入れに関する事項等の修正内容について検討を行い、修正案がまとまりました。

この修正案に対する市民の皆さんのご意見を募集します。(仙台市HPより引用)

 

主な修正事項は

・避難準備情報などの名称変更(内閣府の避難勧告等に関するガイドライン見直しによる)

・大雨時の避難勧告等発令及び避難所開設の見直し、大雨時に初動から開設する指定避難所の絞り込み

・早期に避難準備情報を発令しと指定避難所の開設

・避難勧告等の発令基準となる河川水位の見直し

・津波対策に関して、大津波警報発表時だけでなく津波警報や注意報に関しても避難指示を発令すること

・避難勧告等の発令基準となる河川水位の見直し

・原子力災害時における多肢からの避難者受け入れ

 

また

・男女共同参画の視点を取り入れた災害対策の表現の修正として、男女のニーズの違い→性別などによるニーズの違い

・地下鉄東西線開通による文言修正

・本誌において想定される風水害等に「突風」が別項目として明記

その他、他計画やプラントの整合性、表現の修正などが挙げられています。

 

募集期間は4月17日(月曜日)8時30分から(すでに始まっていますよ〜)5月12日(金曜日)17時00分まで

任意の様式に、ご意見、氏名(ふりがな)、住所を明記の上、郵送、ファクシミリ、電子メールによりご提出ください。

パブリックコメントでのご意見を受けて、6月には防災会議、地域防災計画修正とのスケジュールが示されています。

 

仙台市HPトップ→発表・募集状況→パブリックコメント→現在意見を募集している計画→仙台市地域防災計画(修正案)

とたどってくださいね。

| 選挙・政策 | 22:29 | - | - |
第88回メーデー宮城県大会
青空の下、メーデーが開催されました。
大会の前段、社民党は県議、市議を中心にアピール行動。

働く者の賃金の底上げ、底支え、格差是正、政策制度の実現を通じた雇用の安定と質の向上、社会的セーフティーネットの拡大、強化による子育て、医療、介護など将来不安の解消にも全力で取り組む。などのメーデー宣言を採択。
さらに長時間労働を是正する取り組みの強化に向けた特別決議も採択されました。
大会後はデモ行進を行い、街行く皆様にアピールしました。
| イベント | 18:39 | - | - |
ずんだ・ずんだもちを「日本標準食品成分表」に掲載してほしいプロジェクト、山形県庁に行きましたよ!

ちょうど2カ月前、仙台市議会予算等審査等別委員会で「ずんだ・ずんだもち、ゆきな、油麩を日本食費標準成分表に掲載を国の担当である文科省に依頼してほしい旨質問をさせていただきました。

その後「ずんだ・ずんだもち」は宮城県、仙台市だけでなく山形県も一般的に食べられている食物。宮城県、仙台市だけでなく、山形県からも文科省にアクションを起こしていただきたく、管理栄養士の先輩で日本栄養士会の幹事でもある、大河内裕子さんと山形県庁に行ってまいりました。

つないでくださったのは山形市議会議員の伊藤美代子さん。お互い議員になる前からのお付き合いがあり、なんと!農林関係に造詣の深い若松副知事とお話ができる千載一遇の時間を持つことができました。

山形県では「ずんだあん」は「ぬた」とも呼ばれているらしく、作り方や食べ方は同じとのことでした。

また、山形県の担当セクションは「6次産業推進課」とこれまたカッコイイ名前。

宮城県、仙台市の担当の方とも事前にお話があったとのことで、とてもスムーズに話が進みました。ずんだあん、ずんだもちの原料の配合割合も、山形県と宮城県の両地域でコンセンサスがとれたスタンダードなものを提示することとなっています。

私たち栄養士のグループとしても情報を集め「ずんだを全国版にするぞ!」と張り切っています。(ちなみに新潟県の笹団子は掲載されているんですよ)

県庁でのお話の次は、これまた伊藤議員ご紹介で「山形県料理研究家のレジェント様」にお会いすることができ、山形の郷土料理や地場野菜、歴史をはじめ全国に郷土料理という観念が広まったメーキングオブのお話を伺うという贅沢な時間を過ごしました。

山形の伝統料理である「ぬた」と「だし」の語源はいまだにわからないそうで、これからもたくさん調査しなければならないなぁと痛感。

まだまだ多種多様な食材や料理が津々浦々の地域で親しまれています。

そして、2020年には食品表示法で加工食品の栄養成分表示が義務化されます。(現時点では経過措置期間)

様々な観点から自分たちが親しんでいる料理や食品が、食品成分表に掲載されるよう、私たちの活動は皆様のご協力を得ながら続きます。

| | 22:38 | - | - |
やっとセットアップしたなりぃ〜

20日までの限定ですよ。ふぉふぉふぉ、今だけの!お買い得ですよ。

〇ドバシの店員さんの甘い囁きにコロリコロリとなってしまって…

だが、それから一カ月以上も「放置」してしまっていたPC。

いつかお出ましいただかなければ…と思うところン週間。

やっとセットアップ(一部)いたしました。

「はじめましてCortanaと申します」

なぁんてご挨拶されて…箱の中でずっと待っていてくれたんだね。

これからはいろいろと相談するからね〜

おや、マウスは標準装備ではなかったんだ。

ってことで、少しずつ「ひぐちのりこ仕様」にしていくのでございました。

というセットアップ作業をスノーデンを見ながら、粛々とやっておりましたが…いろいろとなんだかんだあるんだろうなぁ。

まずは、おてんとうさまに誓って腹黒いことはしていない!(キッパリ)なのです。

| 選挙・政策 | 23:53 | - | - |
寒気がする翌日
本日はおとなしくしております。
| その他 | 21:53 | - | - |
東北で、あっちの方だったから良かった。なんですと?

今村復興大臣の被災地を軽視する発言。
いろいろと寒気がする。
| 家族・家族 | 23:00 | - | - |
FMたいはくにて収録しました。

参議院議員の桜井充さんからひょんなシチュエーションで「管理栄養士についてラジオで話してみない?」

とのお話をいただき、いそいそと番組収録にまいりました。

毎月第2第4金曜日、6時30分から7時までの30分間、毎回ゲストをお招きして、番組を進めております。私、桜井充がパーソナリティを務めさせていただいております。

で始まるトーク番組。

 

管理栄養士、栄養士って?それぞれどんな資格、免許なの?
管理栄養士を置かなければならない施設って?
管理栄養士はどんなとことで働いているの?
健康の維持増進のために管理栄養士のはたらきは?
管理栄養士が働きやすい環境になっている?
リスナーの皆さんに管理栄養士の立場からひとこと
桜井さんからの質問に答える形でお話をさせていただきました。昔の部活動や、趣味のサンバの話も…
放送は5月26日(金)18時30分から30分間。エフエムたいはく78.9MHz。
お時間が許す方は聞いてみてくださいね。
| | 22:57 | - | - |
第11回 憲法9条 桜まつり

仙台市中心部は桜の時期は終わりつつありますが、大沢9条の会主催による「憲法9条 桜まつり」の会場となった青葉区の西部、ドミニコ修道院(青野木)ではまさに桜が満開。

11回目となった憲法9条桜まつりは「活かそう憲法!なくそう原発!皆の暮らしに税金使え!」とかかげられた気合の入ったパンフレットが入り口で配布され、開場とともに交流会(ランチタイム)が繰り広げられました。

 

交流会会場から見える外の景色は桜がいっぱい。お花見でもなんでも、みんなが楽しめ集えるのは、なんといっても平和があること。と雑煮餅をいただきながらおしゃべりをしました。

国会議員、県会議員、市議会議員と党派を超えた議員が複数集まり、9条の会の皆さま、スタッフの方々と懇談。おなかも気持ちもぽかぽかいっぱいになりました。

「平等と平和は手を携えてやってくる」北欧のことわざを引用して挨拶をさせていただきました。「差別と戦争も手を携えてやってきます。憲法を変えて外国籍の人や女性や子どもの人権をないがしろにしていた教育勅語が唱えられていた家父長主義の時代に戻ることをさせてはなりません。
 

初めて参加した議員の方から「市民の方々と党派を超えた議員が集まってすばらしい!」とお話をいただきました。

この会合だけでなく、結構市民の皆さん&党を超えた集まりに多く出ている私。お話にはちょっぴり目から鱗でした。

お話をなさった議員の方に、ほかの集まりではこういう機会がないのかと聞くと、その議員の方曰く、市民の皆さんと党派を超えた議員との会合はあまりないとのこと。

自分がこのような広範な集まりにお声がけをいただいていたことにあらためて幸せ者だなぁ、そして主催をしてくださる方、実際に運営をなさってくださる皆様に感謝をしなければと痛感した次第です。

 

ご高齢の方だけでなく、お子さん連れの方も多くいらしっしゃいました。次世代に平和をつなぐためにも、広範な連帯と、一人一人が声を上げ続けることが肝心と帰途につきました。

| 選挙・政策 | 19:23 | - | - |
福島みずほさん、平和・憲法しゃべりまくり

「”みずほ”と語ろう!くらし☆平和☆憲法」がエル・パーク仙台で行われました。

共謀罪、森友学園、働き方改革、平和憲法、憲法24条はどこへ行くなどなど

パワフルな学習会でした。

終了後、定禅寺三越前で街頭活動。

国会で審議が始まってしまった共謀罪ですが、「山に芝刈りに行こうか」と身近な人と話し合っただけで、共謀罪との可能性はゼロではないというドンデモの法案です。

力を尽くして廃案に持ち込みましょう!

多くの方から「みずほさんがんばれ!」とエールをいただきました。

街宣の後は、仙台市職労退職者の会に列席いたしました。

| 選挙・政策 | 23:55 | - | - |
母子保健行政に関して質問をしましたよ。

健康福祉常任委員会でした。

継続審査事項、「母子保健行政について」に関して質問をいたしましたよ。

Q. 4月から子供育成部の組織改編が行われたが、強化された面について伺う。

A.児童虐待および子どもの貧困に関して的確に対応するため。昨年行われた子どもの生活実態調査を受けて、子どもの貧困に関する計画を今年度中に作成する予定となっている。

Q.本市では母子健康手帳交付時に子育てサポートブック「たのしねっと」を配布しているが、反響について。あわせて毎年改定を行っているが、今年度は家族向け「お父さんになるあなたへ、おじいちゃん・おばあちゃんになるあなたへ」の記述が掲載されたが伺います。

A.以前は、妊娠編、育児編となっていてわかりづらいという部分もあった、一括にまとめて読みやすくした。家族で読めるようなサポートブックとした。

Q.東京都の6か月児が離乳食として与えられていた蜂蜜に含まれていたボツリヌス菌が原因の「乳児ボツリヌス症」で死亡したと発表された。たのしねっとにも、はちみつについて、満1歳になるまで与えないようにしましょうとあるが、周知について伺う。

A.この事故を受けて、厚労省からも文書が来ている。子どもの健康診査や離乳食教室でも周知徹底を行っている。

Q.現在、仙台市で、メール配信サービスが行われており、子育てに関する配信も行われているが、メール登録者数および反響について。また2015年1月の定例会で、産前産後メール配信サービスについて私は質問をした。港区の出産・子育て応援メールの状況を視察したが、32都市でこの産前産後メール配信サービスが行われており、アウトリーチ型で虐待防止にもつながるとのことだ。子育て情報の発信について、先行する自治体の事例を参考としながらも更なる活用の仕方について検討するとのことだった。導入すべきと思うが、その後の検討状況について伺う。

A.子育てに関するメール配信サービスの登録数は今年度は2591人で利用者数は伸びている。子育てメールについては、子どもの誕生日を入力することにより、予防接種のスケジュールなど配信している。産前メールについては出産に至らない場合もあり、検討が必要である。他都市の事例を調査する。

Q. 厚生労働省は「産後うつ」を予防するため、今年度年度から本人負担の健診費用への助成を始めた。2017年度予算で3.5億円を盛り込み、報道によると全国240市町村で14万人分を見込んでおり、産後2週間と1カ月それぞれ5000円が上限で、実施。市区町村と国で半分ずつを負担すると報道されている。
本市は専門知識を持つ助産師や保健師が新生児全戸訪問を行っており、産後うつ予防についてもすでに行っているが、今回の国からの助成についての考え方について伺う。

A.産後うつへ防止については、重要な施策と認識している。医療機関での日帰りや宿泊ケアなどが盛り込まれており、先行事例な検討したい。

Q. 今年度からのびすく仙台、およびのびすく泉中央で利用者支援として子育て支援の専門相談事業が展開されている。内容と今後の展望について伺う。

A.研修を受けた職員が子育て相談事業を行っている。2施設での状況を見ながら内容や拡充に向けて調査していきたい。

(答弁A.についてはひぐちメモによります)
| 選挙・政策 | 22:49 | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
ひぐちのりこ Twitter
ひぐちのりこ Facebook
MOBILE
qrcode
このページの先頭へ