仙台市議会議員(青葉区)「みんな幸せになろう」ひぐちのりこ
贅沢してました
| 音楽 | 23:58 | - | - |
今年のテーマは「音楽食堂」。
今週末は定禅寺ストリートジャズフェスティバル。
今年のテーマは「音楽食堂」。なかなか粋なデザインのポスターが、まちを彩っています、、 日時 9月10日(土)、11日(日)
みなさん、お楽しみくださいませ。
私自身は、バンド出演の予定でしたが、 都合により、今回は不参加となります。
| 音楽 | 23:25 | - | - |
この時期にSHINKANSENを聴く至福
Toninho Hortaさん (ブラジル・ミナスジェライス州ベロオリゾンテ出身のギタリスト/シンガー)大好きなアーティストの一人である。フュージョン・ギタリストPat Methenyさんが彼の影響を受けたアーティストとして知られるってことなのですが、どちらの音楽も、一人、事務仕事をしている折にBGMで流していると、心穏やかにとってもはかどるのでございます。

さて、そんなToninho HortaさんのSHINKANSENを今の時期に聴くと、様々な思いがよぎるのでございます。
北海道新幹線が2016年3月26日に、新青森駅 - 新函館北斗駅間が開業。ほんの一カ月ほど前のこと。本州と北海道がSHINKANSENで結ばれました。 そして、開業から一カ月を経ないうちの熊本地震。直下型地震とのことで、今までの統計では計り知れない震度1以上が1,000回も続いているとのことです。まさに、東日本大震災の際も余震が長く続きましたが、それ以上の頻度で、現地の皆様を思うと本当に早く収まってほしいと願うばかりです。
熊本地震の影響で運転を見合わせていた九州新幹線は27日の午後に九州新幹線の博多−鹿児島中央間全線の運転を再開しました。 この曲は2012年に発売されたとのことだけれど、東京、名古屋、京都、大坂、博多、福岡の地名が出てきます。とりわけ、この時期、博多、福岡…九州の地名を聴くと思いもひとしおです。
仙台からも100名を超える職員の皆様をはじめ、多くの支援者の方々が、熊本地震の支援に行っています。仙台、大宮、上野、名古屋、大阪、博多、福岡を通過し、東日本大震災の経験を活かして一日も早い復興のためにご尽力いただいていることに深く感謝をいたします。
| 音楽 | 23:58 | - | - |
ガラスの天井を打ち破る

地元紙、河北新報朝刊に「母娘の絆 奏でる愛」というタイトルの記事が掲載されていた。
日本を代表するジャズピアニスト秋吉敏子と娘で歌手のマンディ満ちるが初の共演アルバム「ジャズ・カンヴァセイションズ」を発表した。という内容。
アルバムの一曲目は、秋吉が米国で成功する困難と決意を込めた代表曲「ロング・イエロー・ロード」。マンディが英語で詞を付け「なにも邪魔させない」「ガラスの天井を打ち破る」と歌う。


40年前の高校時代を思い出す。アメリカで成功した秋吉敏子が夫であるルータバキンと一緒にビックバンドを結成した。1974年に発表した「孤軍(Kogun)」がとってもかっこよかった。
高校2年の時、秋吉敏子とルータバキンビックバンドが来日をし、仙台でもコンサートを開くという千載一遇のチャンスがあった。でも何せ、高校生だもの、コンサート入場料を出すというのは、清水の舞台から飛び降りるほどの決意が必要だった。

「先輩、秋吉敏子とルータバキンビックバンドのコンサートに行くんですか?」
同じ部活動で、ジャズ好きの後輩が話しかけてきた。
「どうしようかなぁ、お金ないし…」
迷っている私に、後輩である彼女は
「私は行きますよ」
ときっぱり。

優柔不断の私は…コンサート行こうかなぁ、アルバム買おうかなぁなんて、迷っていて結局泣く泣くコンサートにはいかなかった。

「秋吉敏子、カッコ良かったですよ。ビックバンドの指揮をするとき、こんなに踊って…」
コンサートに行った彼女は秋吉敏子の指揮の真似をして、部室で踊りまくっていた。

時が経って、私は市議会議員選挙にチャレンジをして票が足りず、浪人生活を送っていた。
そんな時、秋吉敏子の娘であるマンディ満ちるのバリバリのジャズを車の中でガンガンかけながら自分に気合を入れていた。
母娘そろってゴキゲンのサウンド。気持ちを上向きにするにはうってつけだった。

ほどなく、部室で秋吉敏子の指揮の真似をして踊りまくっていた彼女は、ダンサーとして全国を駆け回っていることを知った。
東日本大震災後、余震の中、勾当台公園野外音楽堂でのコンサートでの彼女のプロとしての踊りを初めて見た。
カッコ良かった。
その後も、鍛え上げた柔軟で美しい肢体での表現に圧倒させられている。

部室で丁々発止やっていた私たち。
40年後に、このような形でつながれるなんて、本当に幸せだ。
彼女も私も、ガラスの天井を打ち破れるのかな?

| 音楽 | 23:42 | - | - |
平和じゃなければ、SAMBAも楽しめない件

浅草サンバカーニバル、横浜SAMBA SAUDE優勝です。
| 音楽 | 23:19 | - | - |
今年も出場、定禅寺ストリートジャズフェスティバル

おいで下さった皆さま、バンドの皆さま
ありがとうございました。
今年もノリノリ
そしてこれからの課題も見つけましたよ。
| 音楽 | 22:30 | - | - |
定禅寺ストリートジャズフェスティバルまで一週間

今年もサンババンド、ヴェーリャ仙台で演奏します。
本日、最終練習。
特定秘密保護法強行採決から9カ月、毎月6日は怒りのヒョウ柄です。
| 音楽 | 23:49 | - | - |
ごくり♢きらり Agua de beber (おいしい水)
140414agua.jpg「もしもし、ひぐちさんですか?」
「はいそうです。音楽関係でもお世話になっております」
「今日は仕事の関係で電話をしました」
「あ、そうですか、それで、ご用件は?」
「はい、水道局で仙台市のおいしい水を皆さんにより知っていただきたいと、中原浄水場の水を使用したボトルドウォーター、ごくり♢きらりをこのたび作りました」
「そうなんですか。特に仙台から他の土地に移られた方から、仙台の水道水はおいしかった、離れてわかりますと聞いたりもしていますよ」
「結構仙台の水道水は定評あるんですよね」
「それで、このボトルウオーターのテーマソングを例えば職員の方が弾き語りしてPRするなんてどうでしょうね?」
「そうですね」
「テーマソングはどんな曲がよろしいでしょうかね?」
「それは当然、Agua de beber (おいしい水)しかないでしょう!」

 
| 音楽 | 23:02 | - | - |
うわぁ、消費税5%最後の日なんだ
2013年度末の日でございます。

○○の申し込みに行きました。
○○をお買い上げしました。
駆け込みの買い物、やはりしちゃいました。

4月1日から消費税8%になってしまう。
お店では今晩一晩で値段の表示を変えなければならないので、たいへん。
郵便局でも23時から時間外窓口を閉めて、消費税8%への対応をするようだ。

支出は増え、収入は相変わらず…

さて、新年度がスタートするぞ!
| 音楽 | 23:53 | - | - |
「赤紙」黒木渚

楽天イーグルスがパリーグ優勝となり、あちらこちらでセールが行われている仙台。
ムスメが「うほっほ、CDレンタルが半額だった!」と喜び勇んで借りてきた。

黒木渚 『黒キ渚』 [2013年03月20日 発売]
福岡を中心に活動する男女混合の日本の3ピースロックバンドのファーストアルバム。
1曲目から「あたしの心臓あげる」となかなか挑戦的な曲のタイトルなんだけれど、
このCDに収録されている4曲目が「赤紙」というタイトル。
「うちに赤紙が届いて 喜べと言った「父上」」という歌詞ではじまる。

黒木渚の【連載】書下ろし小説 無限草子というHPもあり、アルバム収録曲になぞらえた小説を黒木渚自らが執筆しており、「赤紙」に関する小説 も掲載されている。

バンドメンバーは当然リアルに「赤紙」を目の当たりにする世代ではないのだが、赤紙のあの時代、その後の世相をこれでもかというほど、歌い上げている。
声高に直接的に戦争がどうだ。ということは発していないのだけれど、思いを言えない、口にすると家族までもそしりにあう・・・強烈なメッセージ性がある歌詞であると強く思った。
同じアルバムには国籍や性別や、肌の色についての歌詞もある。
いつの世でも、激しいメッセージ性のあるうたがあり、批判のメタファーを発信している。
諸外国も警鐘を鳴らしている我が国のナショナリズムの高揚に対し、この時期だからこそ、出てきたうたではないのかと思うとともに、この世代の人たちが、過去の歴史の過ちについて、しっかりと発信していることがとても頼もしく思えた。

ダイバーシティと言われている昨今、異文化を知ることが肝心。
ひとまず、身近で新たな文化をお知らせくださる、子どもたちに感謝である。

| 音楽 | 23:12 | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
ひぐちのりこ Twitter
ひぐちのりこ Facebook
MOBILE
qrcode
このページの先頭へ