仙台市議会議員(青葉区)「みんな幸せになろう」ひぐちのりこ
<< 仙台市長選挙スタートです。 | main | 郡和子個人演説会、宮城自治労会館にて >>
7月10日は仙台空襲の日です。戦争NO!街宣

1945年7月10日、午前0時3分から2時間余り、仙台市はB29による爆撃にあいました。

1000人を超える死者と多くの被災者、仙台駅から西側が焼け野原となりました。

 

仙台空襲の前日の9日、岐阜市も空襲で未曾有の被害となりました。

岐阜市中央図書館(メディアコスモス)では「子どもたちに伝える平和のための資料展」が開催されており、今年は主に、女性や子どもの視点から平和を訴えるものとなっています。

「女々しくあれ」

どちらかというとネガティブな表現であるかもしれませんが、戦争で自分の家が壊されたり、大事な人が亡くなったり、大けがをしたり…戦時中は写真であっても文章であっても都合の悪いことは隠されました。

勇ましい声の中でかき消されること、悲しい悔しいこの女々しい感情こそ、戦争を防ぐことではないか。

岐阜市で行われたフェミニスト議員連盟のセミナーで学んだことです。

メディアコスモスの館長さんは「いじめ、暴力…これが行きついた姿が戦争ではないのでしょうか」と語ります。

まさにその通りと思います。

子どもたちの間で、いじめはいけないと口先で入っても、大人の世界で戦争に突き進もうとすれば、子どもたちもその姿を感覚でキャッチしていることでしょう。

大人と子どもは合わせ鏡です。

人権を守ること。このことを学ぶこと。自分に向き合うこと。そのためにも様々な本に出合い、自分に出会うこと。

 

仙台市戦災復興記念館でも今日まで戦災復興展が行われていました。

宮城学院女子大学の学芸員になるため勉強している学生さんたちが、防空壕の調査をした展示がなされていました。

地道に近代を学ぶ、研究する学生のみなさまに頼もしさを感じ、そしてその学びを提供する教員の方にあらためて感謝をしております。

 

夜は、佐高信塾。弁護士の海渡雄一さんの原発訴訟と、共謀罪について中身たっぷりの講演でした。

| 選挙・政策 | 22:51 | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
ひぐちのりこ Twitter
ひぐちのりこ Facebook
MOBILE
qrcode
このページの先頭へ