仙台市議会議員(青葉区)「みんな幸せになろう」ひぐちのりこ
仙台市長選挙スタートです。

郡和子さん、第一声の後、市内を駆け回っています。

 

郡和子さんとともに14日間、全力を尽くします。

全国の志を同じくする議員、応援する議員の皆さんからも力強いエールをいただいています。

仙台市にご家族、ご友人などにいらっしゃる方から「声をかけるねー」「支援の輪を広げるね~」と頼もしい言葉をいっぱいいただきました。

 

運動は事務なり。を実践しています。

さて、35℃の我が家に帰りますか。

| 選挙・政策 | 22:34 | - | - |
全国フェミニスト議員連盟サマーセミナーinぎふ
知恵と勇気と友情で集まった全国の仲間。女性のパワーを活かそう、女性議員を増やそうと学びあい、交流いたしました。

仙台市長選挙、明日告示です。
郡和子さんを応援するよ、仙台の知人、友人に支援の輪を広げるよ。
たくさんの声をいただいています。
| 選挙・政策 | 23:49 | - | - |
希望あふれる仙台をつくる青葉区民の会

「青葉区での区民の会を立ち上げて集会やろうよ!」

と言い出したのは、ほんの少し前ですよ。と市民の会の方。

なのになのに、会場いっぱい、郡さん応援団で埋め尽くされました。

市民のみなさんの底力。

 

←郡和子さんの熱のこもった訴え。

 

市民の皆さんからのトークは、学生の立場から、保育所・学校の立場から、福島県から避難をしていらっしゃった方。

高齢者、交通問題、市民の会から・・・

郡さんを応援している3つの党(民進、共産、社民)からも応援の言葉。私も語らせていただきました。

そして、市民の会の代表のである新里宏二弁護士からは、市民の力で新しい市長を選んだ。人を大切にする郡さん。当選に向けて全力を挙げよう!と檄を飛ばしました。

若林区での集まりから駆け付けた郡さん。

国会議員として皆さんに選ばれ仕事をしてきた。共謀罪の強行採決は本当に悔しかった。安保法制も特定秘密保護法の強行についても悔しかった。

地方から国を変えるため、地方自治を守り市民が主役の、だれにとっても居場所と出番がある仙台を作りたく、国会議員のバッチを置き、退路を断って市長選挙に出る決意をした。

今生まれた子どもたちが30年後に素晴らしい仙台を渡したい。

本番さながらの力のこもった訴えに、議員の仲間の中には、感激で涙する方もいらっしゃいました。

| 選挙・政策 | 23:52 | - | - |
希望あふれる仙台をつくる市民の声、街宣でした。

次期市長にふさわしい方は郡和子さん、がんばろう!と

17時から青葉区選出議員を中心に「希望あふれる仙台」を共に作っていきましょうと

リレートーク。

大盛り上がりの中、郡さんが到着!!

福祉の問題、いじめの課題、働くものが報われる政治をetc.

国会の場でたくさんの政策に取り組み実現に結び付けたその手腕をぜひ仙台のリーダーとして活かしてほしい。

やっぱり私は仙台が好き!

だから、仙台から発信していきたい。

夕日の中で凛として宣言をした郡さん。

 

1000人を超える応援団が集まりました。

明日、7月6日(木)18:00〜

「希望あふれる仙台市民の会」集まりが

エル・パーク仙台 セミナーホールで行われます。

市民からの発言&議員からの発言

そして、郡和子さんももちろん参加します!

 

ぜひともお越しくださいね。

| 選挙・政策 | 23:38 | - | - |
朝の街宣からスタート、わんからっとL21周年記念パーティでございました。

梅雨で湿度も高い中、市役所東側で朝の街宣からスタートです。

森友学園、加計学園の真相究明を、都議選で都民が自民党にお仕置きした結果ではないか、仙台市長選挙で、社民党は郡和子衆議院議員への対応を支持とした。ことなどを訴えました。

 

夜はわんからっとLの21周年記念パーティ。

編集長の小泉知加子さんとは同い年。小泉さんが仙台の地で編集者としてお仕事を始めたころは、お嬢さんと一緒に取材をしていた姿を思い出しています。お互い、折々で子どもの成長などおしゃべりしていたこともありました。

女性の「価値」は若さのみが認められるという風潮が強い我が国。だけど女性の年齢が1つ上がるごとにワンカラットずつ人間力も魅力も増すというワンカラットという言葉、そして小泉さんの生き方、お仕事ぶりも素敵です。

21周年記念パーティには各界でご活躍のみなさま、議員の仲間、そして郡和子さんもいらっしゃいました。


 

| 選挙・政策 | 23:55 | - | - |
市政施行128周年記念式典

市政施行128周年記念式典でした。

仙台市制に貢献くださった方々の表彰など、それぞれの分野でご活躍くださった方が、いらっしゃるなぁと改めて感激。

昔、原稿を頼まれ、産みの苦しみと編集でのやりとりをしたなぁと今は良い思い出となった編集者の方、国連防災世界会議パブリックフォーラムで多大なお世話になった大学の先生、青葉区の老人クラブを長年けん引くださった方、みなさんの素晴らしい業績を目の当たりにする地、仙台市は本当に多彩で、人材の層も厚いなぁと実感をいたしました。

式典の後は交流会。仙台市ご当地のおすすめ「あおば餃子」や「あおばスイーツ」「ずんだもち」もしっかりと提供されていました。うれしいぞ!

| 選挙・政策 | 23:59 | - | - |
栄養士関係の総会などなどでした。

宮城県栄養士会、日本栄養士連盟宮城県支部それぞれの総会でした。

執行部の提案通り、承認となりました。

 

総会後、賛助会員の皆様からの同じ職域のなかま、志を同じくするもの、話がするすると早い!

これから、それぞれの立場で、けっぱっぺしね〜の前向きの力を発揮しています。

 

 

 


 

| 選挙・政策 | 23:33 | - | - |
八木山動物公園ふれあいの丘開所記念式典&希望あふれる仙台をつくろう!みんなで語ろう!

「八木山動物公園」が親しみのある名前なのですが、ネーミングライツで

「セルコホーム ズーパラダイス八木山」となりました。

7月から「ふれあいの丘」がオープンしました。

動物のぬくもりや能力に「触れて、感じて、学べる」体験型の「ふれあい館」と、レストラングーグーテラス」があります。

ふれあい館の前で開所式が行われ、地元小学生もテープカットを行いました。

開会の後は、動物たちとのふれあい体験。鳥のフリーフライトでは、飼育員さんが説明をしながらのフライトの妙技。圧巻でした。

これまでも限定的に動物とふれあうことができましたが、これからはいつでも学習ができるようになりました。

グーグーテラスでは白熊の手形のハンバーグやパスタ、ピザなど多彩なメニューがあり、次の機会にはゆっくりと味わいたいなぁ。

 

夕方からはエル・パーク仙台ギャラリーホールで「希望あるれる仙台をつくろう!あなたの思い わたしの願い! みんなで語ろう!市民の力、女性の力が社会の力に」の集まりがあり、駆けつけました。

仙台をどんなまちにしたいか…グループでワーク。

女性(そして男性も)パワーがあふれる会場で、郡和子さんと遠藤恵子さんの対談。

わくわくする集会でした。

| 選挙・政策 | 23:55 | - | - |
地域ケアシステム意見交流会&「空海と高野山の至宝」開会式

I(アイ)女性会議仙台支部の皆さんと、仙台市健康福祉局、地域包括ケアシステム担当課(地域包括ケア推進課、認知症対策担当課、介護保険課)と意見交換会でした。

I女性会議では、全国的に今年度から新しい総合事業が始まったことで、それぞれの自治体に対し調査を行っています。

仙台市との意見交換では地域包括支援センターの配置状況、介護保険事業計画の状況、地域ケア会議の機能、サービス内容、介護保険の要支援1と2の介護が自治体事業となったことによる介護予防の実態、見守りについてなどを始め介護の現場で働く人の労働条件、介護を担う人がなかなか見つからない中、ボランティアの考え方についてなど、多肢におよぶ内容でした。

仙台市の高齢化率は2割ほどと全国に比して低いものの、地域で必要な方を支えることについては、温度差があるのが実態です。そして、全国的に言われていることですが、介護現場で働く人は低賃金であったり休暇が取れないといった状況が大きな課題です。長く働き続けられないという問題もあります。また医療保険と違って、介護保険を使いたいと思っても認定がある望む必要なケアを受けるには自費での支払いをせざるを得ないなど「使い勝手」については途上です。

高齢化は避けて通れません。ピンピンコロリは望んでいても、自分の老後はどうなるのかはわかりません。安心できる制度構築のためにも、様々な論議が必要です。

 

午後からは、7月1日から仙台市博物館で行われる「空海と高野山の至宝」の開会式でした。

高野山に伝わる空海ゆかりの宝物や密教美術が満載!弘法大師が瞑想をした空間に誘われます。

期間は、夏休みの間です。7月1日(土)から8月27日(日)まで

※会期中、展示替えがありますとのことです。

  前期:7月1日(土曜日)から7月30日(日曜日)まで

  後期:8月1日(火曜日)から8月27日(日曜日)まで

教育委員会の方、博物館の方ともに「このような内容はもう2度と仙台にはやってこないとのではないかというほど、貴重な展示だから、どうぞお誘いあわせておいでくださいね」とのことでした。

| 選挙・政策 | 22:12 | - | - |
おいしいもの食べて(妄想)、たっぷり寝て、おしゃべりして進むのだわははは

「いやぁ、男は酒飲んで憂さ晴らし、ストレス解消するからいいんでしょうが、女の人は酒飲んでってのがないから、やはり辛いんじゃないでしょうかね〜」

という言葉を聞いたけれど、うーん。そうかなぁ〜いろいろなとらえ方があるんだと思う。

ストレスってのはその人がどう感じるかってのもあるだろうし。

 

ま、飲まずにいられない!とか「聞いて聞いて」とか、それなりに女友達(時には男友達その他それぞれも)いい感じでストレスをざぶざぶ流し合っているなぁと。

おいしい肉が食べたい衝動に駆られることもあるし。

でも、お酒飲んで言い争ったり、けんかになったり…その場に居合わせたり、ターゲットになったりするのは怖いなぁ〜だから勘弁ね。

建設的な批評とかなんかであれば、いい感じでお話し合いしたいなぁと思うけれど、まだまだ修行が足りないなぁと思う日々でございます。

 

さて、おくればせながら、第2回定例会の代表質疑&答弁をアップします。

代表質疑はこちら

答弁はこちら

 


 

| 選挙・政策 | 08:56 | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
ひぐちのりこ Twitter
ひぐちのりこ Facebook
MOBILE
qrcode
このページの先頭へ